ジャズドラマーちぐさ~ジャズな生き方で自分を解放しよう!

ジャズドラマーちぐさ、ジャズな生き方で自分を解放する試みをしています。少し疲れた時、ジャズの名曲と共にジャズな生き方で楽になりましょう。

やっぱりね。みんな大好き高木里代子!

Spain/Riyoko Takagi Duo/高木里代子 先日行った、ジャズファンによる「ジャズミュージシャン可愛いランキング」アンケート調査にて 100アンサー中14票を獲得した高木里代子ちゃん! やっぱりみんな大好きなようですね。 かくいう女ジャズプレイヤーのはしく…

ミスターPCの通常運転

John Coltrane - Mr. P.C. 先日、私が今年中にやりたいこと10選を公表した。 その中の1つ「くだらないジャズネタを一生懸命やる」というのが 早くも実現された。 いやー実に楽しかった! くだらないことを一生懸命やるという達成感は もはやいい演奏ができた…

ブレない自分を保つためには自分のテーマ曲を持とう

Freddie Hubbard - "Theme for Kareem" [Vinyl] カリームのために作られた1曲、フレディ・ハバードはどんな思いで彼のために曲をささげたのだろうか。 それにしても、自分のために1曲演奏されるのってとても嬉しい。 自分という一人の人間のことを思ってくれ…

私はあなたに会いに来たのです

Sonny Stitt Quartet - I'll Be Seeing You 私はあなたに会いに来たのです。 私はあなたに会いたかったのです。 私はあなたに会うために、時間をかけてここにきました。 会いたい人がいるってとても幸せだ。 その人に会えると考えるとそれだけでウキウキして…

拝啓、ワッツ様。寝ても覚めてもあなたのことが大好きです

※軽く閲覧注意※今から書くネタはかなりコアなジャズネタになります。 また本記事では筆者が有頂天極まりなく恥ずかしげもない発言をぶっぱなしております。 放送禁止用語はございませんが、あまりのくだらなさにちぐさのことをキモイと思うかもしれない、と…

ジャズな人になってできるようになった意外なこと

Herbie Hancock, Ron Carter and Billy Cobham - Walkin' ビリー・コブハムもまた憧れのドラマーなので目指していますが、ドラムの音とプレイスタイルであって、顔と表情は目指していませんので悪しからず。 で、私がジャズな人になってできるようになった意…

ジャスプレイヤーにとって、楽器の技術と同じくらい必要なこと

Candy Dulfer - Jamming (1993) ジャムセッションの「ジャム」は決してジャムおじさんのジャムではない。スラングで即興演奏って意味だけど、この他にもパーティや集まりというニュアンスもある。 そして、ジャムセッションは稽古場でもあると同時に、仲間が…

先日に引き続き、コンプレックスの話。もう一つ開放しちゃった。

小野リサ Lisa Ono ~ Samba De Uma Nota Só (One Note Samba) モード&新主流派好きな私にとって、女性ボーカルが入ってる曲は実はそれほど聴いてないかもしれない。 もちろん、嫌いということは全然ないし、むしろ好きな声もたくさんある。 でも最近気付い…

昨年晒したコンプレックスの1つは・・・

Anita Baker My Favorite Things, with Cyrus Chestnut 昨年、実は長年コンプレックスだったあるものを晒した。 もうずっとずっと、大嫌いだった体のある部分だ。 幼い頃に経済的余裕がなくてケアできなかった。 それをきちんとしていなかったがために、たく…

ありのままの相手を受け入れる簡単な方法とは

Let It Go (Disney's Frozen) | Trumpet Version 相手のありのままを受け入れると とても気持ちが楽になる。 それはなぜか、過大な期待をしなくなるから。 その人はその人でしかない。 それ以上でも以下でもない。 だから間違った期待をして裏切られるなんて…

貰い物のカレンダーはこう使おう!

小林桂 / Day By Day / Kei Kobayashi 年末にカレンダーをもらったよ、と今言ったそこのあなた! そのカレンダー、使ってますか? 気に入ってますか? 毎年年末になると、お付き合いのある業者やら店からカレンダーがくるのですが どうにもデザインが好きに…

あなたのパートナーに、今年こそぜひやってほしいこと!

Count Basie, "Cute" (Hefti) featuring Frank Wess on flute 今年で43歳になりますが、この年になると途端に言われなくなる言葉があります。 考えてみればまだ女の平均寿命のやっと半分です。 早々と言われなくなるとちょっと寂しいし、やっぱり言われてう…

たくさんいる中の1人に埋もれないために、自分を打ち出す2つの方法

Chet Baker & Bill Evans - Alone together 新年早々ですが…、いや、むしろ、お正月の中日でアクセス数下がるからこそできる! 2018年初の本音を、ぶっこみます。 今の時代、何事も普通や真面目だけじゃやっていけない。 はっきり言って、あなたよりイケてる…

ようこそ2018年、ようこそ43歳の私!

Peanuts-Theme 2018年、犬の年がやってまいりました! 猫とジャズはセットなのだが犬はどうやらお呼びじゃない? いや、そんなことはないぞ。このPeanutのテーマは立派なソロジャズピアノだ! 今年も去年と何ら変わりなく、毎週ジャムセッションに行き ライ…

ありがとう2017年、そして、ありがとう42歳のちぐさ!あんたたち最高だよ!

Wayne Shorter - Black Orpheus ジャズプレイヤーとしてのちぐさの2017年の1曲はこれに尽きる。 悔し涙、うれし涙、二回涙した曲。 泣けるサウンドは数あれど、この曲の涙だけは重みも質も違う。 いやぁ、なんて濃い一年だったのだろう。 年明けていきなりか…

2017年を振り返ったから2018年の抱負を考えてみたんだけど

Stan Getz & Charlie Byrd - One Note Samba 今年最も演奏し、最も楽しんだと思う曲。 今年もあと2日、いやー差し迫ってきたものです! そんな時、みんな途端に振り返りと抱負宣言に走り出す。 かく言う私も、2017年振り返ってホンワカしていたし。 振り返っ…

今更ながら、2017年振り返り

Open Mind.mp4 2017年は一言で言うと「開」という年だった。 開拓、開放、開運 この3つが一気に来たような激動かつ楽しい年だった。 行きたい場所に行く 会いたい人に会う やりたいことをやる 前半はまあこんな感じで突っ走ってきて 後半はちょっと落ち着い…

褒め上手とお世辞上手の簡単な見分け方

Cannonball Adderley "Know What I Mean?" 年末、明らかにアクセス数減ってる! チャンス到来ーーーーー! と言わんばかりにブッコミ系かましてますが 今回のテーマは 「褒め上手とお世辞上手は月とスッポンだから気をつけた方がいいですよ問題」 簡単に言いま…

どうでもいい人に好かれちゃう問題をおもしろおかしく真面目に考えてみた

Buddy Rich Love for Sale 先日、久しぶりに恋愛について執筆する機会があったので 恋愛あるある、よくある問題について考える。 恋愛でよくあるモヤモヤの一つに どうでもいい人にモテるのに意中の人から振り向かれないという どうでもいい問題(略して、ど…

あなたの今年の漢字は何ですか?

Robert Glasper - North Portland 2017年の漢字は「北」。 北朝鮮関連のきな臭い話題や、九州北部豪雨や北海道産のじゃがいもの不作といった災害系など あまり明るいとは言えない話から 北海道日本ハムの大谷翔平選手や清宮幸太郎選手、競馬界のキタサンブラッ…

クリスマスのどんちゃん騒ぎにイライラしないためには、今の日本の現状について知ろう

Frank Sinatra - Jingle Bells. 日本では何故かイヴの方にフォーカスされがちだけど クリスマスの本ちゃんはこちら。昨年まで、この日になると必ず聴いていたのがこれ ジョン・レノンの メリクリとハピニュのセットという 1年のうちでクライマックスに忙しい…

イヴの夜には、モテ男のしっとりトランペットに音色にて

Chet Baker - Chet (Full Album) 先日、もっともモテるジャズマンって誰ですか? ていう質問を博識なるジャズのリスナー&プレイヤーにアンケート調査したところ 100回答中堂々の27投票をゲットし 断トツの人気ナンバーワンに輝いたのがこの人! Chet Baker …

パーティーだろうが忘年会だろうがどうでもいい、くだらん自意識を捨ててまずは楽しめ!

Those Soulful Jingle Bells - Mark Whitfield ちょっとみんなと変わっているところがあるとすれば 私は会社やママ友との飲み会というものが 嫌いではない。 いや、むしろ好きかもしれない。 過去に最悪だった忘年会って一回しかない。 何が楽しいって、アル…

Peter Asplund Big Band show - The Christmas Feeling 2015 The Christmas FeelingPeter Asplundジャズ¥150provided courtesy of iTunes

長男が生まれた日

Jaco Pastorius-"The Chicken" で、なんでこの曲を選択したかというと ずばり!やつの一番の好物が唐揚げだからだ! さて、この中に、異質なものが一つありますが 果たしてどれでしょうか! The ChickenBiréli Lagrène & Jaco Pastoriusジャズ¥150provided c…

今年言われて嬉しかった言葉ベスト5に見られたある共通点

Frosty the Snowman - Roy Hargrove 先日に引き続き褒め言葉の話。 なんだかんだで1年を振り返ってしまうので 今年言われて嬉しかった褒め言葉を 5つ選んでみた。 ・度胸がある ・リーダーシップがある ・(ドラムが)上達したね ・(ライター仕事にて)いつも丁…

褒めたつもりなのが逆効果になってしまう!人を褒める前にちょっと立ち止まってほしい理由

Clare Teal Jing Jing-a-Ling 人を褒める癖がある、褒め言葉で人間関係を作る人っている。 それは悪いことではない。 私だって、基本的には同じだ。 だって、わざわざ悪いところを見つけるよりも いいところを見つけて喜んで貰えたら嬉しいから。 でもね、褒…

これからの時代は、二足の草鞋を履くマルチプレイヤー

Ramsey Lewis Trio - Here Comes Santa Claus (Argo Records 1961) 昨日も週末のお楽しみに行って思った。 ジャムセッションから思う、生き方模様について。 日本人って、一つのものにこだわる考え方が大好きだ。 その証拠に、最近よくみる日本の伝統技術礼…

ギャグかよ(笑)

CHRIS BOTTI IN BOSTON, PART II | Hallelujah | PBS 最近、クリスマスに予定がなく一人で過ごすことを クリぼっち、というそうだ。 しかし! 駄菓子菓----子! どう考えてもクリぼっちなんかに縁のなさそうなこのイケメンの名前が クリス・ボッチ …とい…

たとえSNSが発達しようが、目の前のあなたの魅力には絶対かなわない!

Holly Cole - Christmas Blues 2017年もいよいよ本当にあと少しになってきて思うこと。 この年は本当に、いろんな人と一気に出会いが広がった年であった。 とりわけ、ジャズプレイヤーの仲間だ。 去年の今頃なんて、ネット上でジャズの話だけしてた人はちら…