読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

あの人に会わないと死んでも死にきれないと思う人が、私にはいる。それは・・・


Horace Silver - Song for My Father


私のお父さん。
実際に血のつながりのある、本当のお父さん。
2歳の時に生き別れてからもう40年ほど。
お父さん、今どこで何してるんだろう。


3年くらい前に、電撃的に知った父の生存情報。
何の縁もゆかりもないある市から突然来た一通の文書。
この人、生活保護を受けてます。
で、今後この人の扶養についてどうしますか?
という内容のもの。


んなこと突然言われたって!
いやあびっくりだよぉ!
ただでさえ突然のことで驚いてるうえに
さあどうしますか?なんて聞かれても・・・。


それにしても役所ってすごいところだとつくづく思った。
一体ぜんたい、どうやって父の身辺を調べ上げたのか。
戸籍上ではもう父と母は他人だから
そうなると、現存する人間の中で
彼にとっての直系は私一人になるのだ。
40年もの間音信不通になっている娘のこの私。
当然母もこのことは知らない。
てか言ってない。
唯一相談したのは、私にジャズの世界を伝えてくれた一人の叔母。
なぜかって。この父が、ジャズがとっても好きな人だから。
もし私が同じようにジャズが好きで、て言ったら
絶対に喜ぶよ、私も伝えたいよ。


後日彼女から何枚かの写真が届いた。
そこに写っていたのは
一人の男性と一人の赤ちゃん。
ああ、これか・・・。私のお父さん。
その時はなんというか、よく分からない感覚だった。
祖父と自分が写っている写真を見ているような。
いや、決して父が年を経たときの子供というわけではないけど
それくらい、実感薄かった。
でもなんだか毎日見てしまってた。
何日も見ていくうちに、何だか涙が出てくるようになってきた。


お父さん、ちぐさは今ね
横浜でジャズドラマーになり始めたよ。
まだまだへたくそなヒヨコだけど
お父さんの大好きなあの曲も
この前演奏してきたよ。
もっともっとうまくなったら
お父さんの街にも聞かせにいくよ。
だから、それまで絶対に死んじゃダメだからね!
約束だからね!!!!


行きたいところに行く
会いたい人に会う
やりたいことをやる
これが今の私だから、必ず叶えてみせるんだ!

言うは一時の損、言わぬは一生の損。何事も言ってみるもんだ!


Freddie Hubbard - Super Blue - 06 - Theme For Kareem


先日、新月の願い事がとりあえず叶った。
私が大好きでたまらないこの曲を
セッションでやって頂いた。


4月の新月の日にSNSでぼそりと呟いてみた。
誰かこの曲を一緒にやりましょう、と。
そしたらわざわざ譜面まで見つけてくださった方が!
セッションだと稀出どころか
黒本にも載ってないし
演奏するなんて到底無理だと思っていたのに!


それでその方とかれこれ二回目のセッションをすることになり
後半で「これやる?」と。
無理無理無理無理!
一応、スタジオではやってみたけどセッションでなんてそんな・・・。
相変わらずなメンタルブロック気味ながらも
この気持ちを引きずっていることは
相手にたいして逆に失礼なような気がした。
その方は私の他愛もないつぶやきを見て
わざわざ手間暇かけて譜面を探し
貴重な時間を使ってこの曲を練習してくださったのだ!
しかも言い出しっぺはこの自分!
もーやるしかないってば!


「ええ、やりましょう!」


でやってみた。
どうにか一曲やりきった。
ピアノとベースの人にとっては
おそらく珍曲の一つだったはずなのに
私のわがままな新月の願いのために
演奏してくださったのだ・・・。


何事も言ってみるものだ。
言ってみる、やってみることは
一時的には恥をかくかもしれない。
こんな難曲を雑草ヒヨコの私がやりたいなんて
間違いなく大いに赤っ恥をかいたにちがいない。
でも、気持ちは本当だった。
下手だけどどうしてもやってみたかった。
自信のドラムはなかなか当たって砕けたものだったけど
他の楽器の演奏でカバーされた。
完成形にはまだ遠いけど一歩近づいた。


これからも新月はやってくる。
やりたいことがあったらぜひ、誰かに言ってみよう。

ドラムと風水にあった意外な共通点とは!技術力と開運アップのために・・・


Days Of Wine & Roses / Oscar Peterson Trio
美味い酒を飲むときには、自然とこうなっている・・・。

食器を丁寧に扱うこと。


今何か飲み物を飲んでいたら
そのコップをどんな風に置いてる?
その時の音量はどんなものか。
大中小あったとすれば中くらいが通常で
乱暴に扱えば当然大になり
最悪破損してしまうが
丁寧にすれば小になり
ガチャンという音を聞いた時の不快感はない。
コップの音がデカくなるときは
焦っていたりパニックになっていたりで
精神状態がいいとはいえない。
味もイマイチで店員の態度の悪い店なんかその最たるもの。
でも一方で、美味しくて接客力のある店だとそれがないし
好きな人や楽しい仲間と飲んでる時などは
自然とコップの置き方も優しくなる。


私が昨日のジャムセッションでお持ち帰りした課題は
またもや「音」!
と言っても、前回での音量と周囲との調和でのこととは別で
今回は音色のこと。
想定内ではあったが、やはり音色がまだまだだと知った。


シンバルもスネアもバスドラもタムも
全ての音を叩く瞬間に集中する。
美味しくて素晴らしい店員の店で
大好きな仲間と飲んでいるときのような
優しい動作でコップを置くかのごとく。
そうするとドラムたちはいい音色を出してくれる。
逆に、焦って精神状態がパニックなときは
激安店で自棄飲みして荒れてるコップの音になる。
打楽器はとても正直で
こちらの心に音色で答えてくれるのだ。


一方、風水についてはこちらをご覧になるとこういうこと。

【衝撃】運気が下がる家の特徴 10選 貧乏・不幸を招き寄せてしまう家の運気を上げる方法 風水で運気アップ!今すぐやってみて!
尺5:47のところに答えがある。
スピリチュアル職の友人には申し訳ないが
私は占いや風水の類はどちらかというと疑ってかかる。
だから、この動画のことを全部やったからといって
明日から何もかも幸運になるとは毛頭思っていない。
でも、よく見ると生活のごく基本的なことが書いてある。
確かに、玄関が靴だらけだと出入りに難儀するし
お風呂がいつまでも湿気てるのはカビも生えるし当然よくない。
生活空間というのも、こちらの心に対して正直に答えてくれる。
心に余裕がないとどうしてもとっ散らかるし
逆に調子いいじゃん、と思っているときは快適な状態になっている。
食器を片付けてるとき、その扱い方にもそれが表れてるなぁ
なんて、あなたも思ったことはないだろうか。


ああ、今本当に、ドラムと生活が一体となっているんだなぁ。
と、課題山積ながらもなんだか充実した気分だ。

実績も経歴もない雑草ヒヨコがまず取り掛かる最重要課題。


joe hendersonREMEMBER ME!!私はここにいます!


存在を知ってもらうこと。
自分のことを覚えてもらうこと。
自分という人間が今存在してて
日々こんなことをしていて
毎日こんなことを考えていて
あんなことこんなことが大好きです
と、発信していくこと。


実績も経歴もない雑草ヒヨコは
自由で何でもありな大空に向かって飛び立っていき
その中で実績経歴ともに豊富な諸先輩方に
たくさんのことを教わって成長する必要がある。
何もないからこそ存在を知ってもらう。
でもそのためには単に名前と顔写真だけではダメだ。
ただでさえ何もないうえに
インパクトあるほどの美人でもないし
オーラが服着て歩いてるほど強くもない。
だったら自分の中にあるキャラを出さないと。
そのキャラが私の場合、たまたま
オモシロいことが大好きだったということ。
人生遍歴から、オモシロ好きを打ち出すと
うまくいくことが多かったから。
もし私の持って生まれたキャラがそうでなければ
間違いなく違う方法を考えていただろう。


そうしたら行く先々で名乗り名刺を渡すたびに
あ、あなたのこと見たことがある!
いつも見かけるなぁと思ってたらやっぱり!
相手がそう思ったら仲間作りの第一関門はまず成功といっていい。


雑草ヒヨコとしての自分を知ってもらい
まだまだ至らない点が多いこと
気づいたことは何でも教えてほしいこと
それが自分のためになる。
そして与えてくれた相手のことを好きになり大切な仲間だと思う。
私だけの存在打ち出しだけでなく
仲間のことも誰かに伝えたくなるものだ。
仲間が仲間を呼び輪がつながり
教えてくれる、助けてくれる人が増えていく。
もちろん、自分のこと大嫌いな人間だっているが
そのくらいのリスクなら想定内だ。

私、この通りまだまだヒヨコなのでご迷惑をおかけすると思います。でも…


Jaco Pastorius-"The Chicken"
まだまだ身も心もチキンな一羽のヒヨコのちょっとしたお願いです。


ヒヨコだからこそやらなきゃ。
動き出さなくちゃ、歩き出さなくちゃ。
いつまでもヨチヨチから卒業できないのは
やらないから。グズグズしてるから。
世間知らずのヒヨコは旅に出て
その中でたくさんの仲間を見つけて
揉まれて学んで成長していく。
それをせずにいつまでも箱の中で飛び立つ練習だけしてても
チャンスは絶対にやって来ない。


大空を知らないヒヨコは当然色んな失敗もするし
時には誰かに迷惑をかけたりもする。
そんな時は素直にごめんなさいして
次から気をつけることの一つにすればいい。
大丈夫。ちっぽけなヒヨコの存在を
いちいち気にかけてるほどみんな暇じゃないし。
みんなもそれぞれの世界の中で
一生懸命生きてるから
ヒヨコの影響力なんてたかが知れてる。


なので、このヒヨコのことを
仲間のみなさん、どうぞよろしくお願いします。
もしピヨピヨうるさければ
しっかり教えてあげてください。
でもちょっと頑張ったら
あー頑張ったねーヨチヨチ
くらいでいいので一言頂けると嬉しいです。
そして、たまにはでいいので
思い出してみて下さい。
あなたがヒヨコだった時のことも…。

オーラのヴォリュームはいつも全開じゃダメ。時にはすっと透明に化けることもないとね。


Astrud Gilberto & Stan Getz ◊ The Girl From Ipanema ◊ 1964限りなく透明に近い存在


周りの音、しっかり聴いてる?


先日のジャムセッションでやっちまった話。
ジャムセッションも数こなしていくうちに
度胸もついたし曲も大分覚えてきた。
よっしゃ乗ってきたよきたよー!
てノリノリになってきた頃。


周りの音、しっかり聴いてる?


がーーーーーん!!!!
しまった!やっちまったよ!
自分が叩くことに熱が入り過ぎて
他の楽器やヴォーカリストのことを
しっかり見聞していなかったようだ。


その時に参加していたのは
ヴォーカルセッションといって
楽器の他にもヴォーカリストさんがいて
ひたすら歌モノばかりを演奏するという形式。
楽器だけのそれとは全然違う。
曲目が全く違ってくるので。


そうなると、当然主役となるのは歌い手。
ジャズだけでなくボサノバ系の楽曲が中心。
歌が入ってる曲はバックの楽器演奏のヴォリュームは控えめだ。
歌を際立たすために楽器は存在感を薄めないとならない。


それにもかかわらず、私は自分のことに精一杯。
間違えないようにしよう
リズムキープしっかりしなきゃ
これはブルースだからそれっぽく叩かなきゃ。
ある程度の技術が身についてきたから
返って調子に乗っていたようだ。


でもね、人と演奏するにはそれじゃぁダメ。
演奏してるのは自分だけではない。
今同じタイミングと空気の中で
自分の他に、ピアノ、ベース、ヴォーカルという
3人の人も同時に演奏している。
まさに共同作業でしかも主役際立たせ型のヴォーカルセッション。
ドラムの存在感なんか最低限でいいのだ。


私はその時にふとこのブログの記事のことを思い出した。
http://kasakoblog.exblog.jp/25639498/
そう、自分の音の存在感、オーラを調整できてなかった。
透明な水色でなくて、不透明な藍色になってた。


やっちまったよ、皆さんごめんなさい。
これからの課題、オーラのヴォリュームを
時には消せるようになること。
その意気込みを持って明日もまたセッションに行ってくる。
インストセッションだけど、メインはサックスだから
サックスを立たすために私は透明人間になろう。

名門校なんて行ってない。経験値だって少ない!でもね

自分にしかない武器がある。
自分だからこそ築ける仲間がいる。
自分だからこそ知ってる世界がある。


名門校を出てることは確かにすごいことだ。
特に音楽や美術などのアート系にもなると
努力だけでなく才能や実績も必要になる。
でもそれだけに胡座をかいてるようでは
「いつでも誰にでもチャンスがある」
SNS全盛の時代ではいつの間にか置いていかれる。


ならそんな時に何が必要になってくるか?
自分の本質だ。
才能だけでない一人の人間として
あなたがどれだけ魅力があるか。
あなたという人物をいかにして買って貰えるか
需要があるかないか。


歌手の例で見てみると分かりやすい。
歌が上手くて綺麗な女性はたくさんいる。
しかし同等かそれ以下での実力で
自分より若くて可愛くて華がある存在が新規で現れたら心中穏やかではないだろう。
そんな時「なんであんな下手くそなのに!」なんて
あらぬ嫉妬心をむき出しにする心の小ささ。
でもね、残念ながらそれが他者目線でのあなた。
その若手がどんなにあなたより実力面で劣っていようが
他者からすればそんな微々たる違いなどどうでもいい。
それ以外のところでブランディングが上手ければ
途端にみんなの目がそちらに向けられてしまうものだ。


そんな状態でも中途半端になりたくないなら
自分の持ち味に特化しないと。
若さや美しさではあの若手に負けるけど
その分、黒人なみにパワフルで迫力ある歌声なら誰にも負けないとか
私の書くラブソングの歌詞でたくさんの人を共感させられるとか。
極端な話、出産と子育てをしてきたからその分の経験と知恵がある、でもいい。


だから色んな仲間が必要なんだよ。
音楽人間としか付き合えないようじゃだめ。
あえて色んな世代、職業の仲間を見つけることで
これまで気づいてなかった世界を知れる。
カメラマンの友達がいれば
その職業ならではの目線
会社員の友達がいれば
経済を支える多数派の彼らのプレッシャーを知る
子持ちの専業主婦の友達がいれば
一見普通なのに実は一人の人間を育てる母という存在を尊敬できる。
そういう雑種天国な中に身を置いて
さて、ではあなたはどうやってセルフブランディングしていきますか?
というところ。


芸大もバークレーも出てない
ただの雑草な私
でも卑下なんてしてない。
私は私でやってみる。
むしろ雑草魂を強みにしてね。