ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

番外編※ジャズミュージシャンとかさこ塾の意外な共通点とは?

みんな強烈な個性と強みを持った一匹狼であること。

 

ジャズミュージシャンの活動は基本的にフリーだ。
ビル・エヴァンス、ハービー・ハンコック、上原ひろみ渡辺貞夫
多くのミュージシャンは自分の名前をブランディングしてくる。
もしグループやユニットで作品を出したとしても
マイルス・デイビスカルテットとか
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズといったように
自分の名前プラスグループ名だ。
活動基準はあくまで1人の名前を持った存在として
そういう中で、そのとき作りたい作品、やりたいライブによって
いろんな一匹狼の中から適宜合った人と仕事をする。

 

かさこ塾もそう。
塾長のかさこ氏はいわゆるカメライターとして
カメラマン兼ライターという肩書きを持つ。
その彼の元に集まる人たちもこれまたすごい。
大半の人がフリーで活動する。
その職業もバラエティ豊か過ぎる。
スピリチュアル、カメラマン、漫画家などから
古典芸能研究者、オモシロ消防訓練屋
フリースタイルフットボーラーといった変わり種まで
(それを言ってしまえば私も変種だが)。
みんなそれぞれの技術を持ち
時には誰かとコラボしながら活発に動いている。
カメラマンがカウンセラーの新事業立ち上げのために
その人のプロフィール写真を撮影する。
コンサルタントがヒーラーさんのイベント開催のために
相談にのり適切なアドバイスをする。

 

そういう働き方をしている点で
ジャズミュージシャンとかさこ塾の人たちはよく似ている。
共に独立したフリーな存在
誰からも縛られず
臨機応変に動きまわる。f:id:chigsajazzy:20170216124927j:image

もはや日本式雇用体系は崩れつつあり
少なくとも復活は見込まれない。
社会的にも、社蓄を脱却して
強みを生かした副業を推薦している。
これが本当の意味での一億総活躍社会だ。
個人だけでなく、企業にとってもメリットだ。
1人の人間の生活を支える負担を減らしながら
その人の輝ける何かを応援できるのだから。