ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

何の才能もない人に必要なもの、それは努力、忍耐、自制心!

懲りずにDean Martin語録より。
ブログのタイトルにそのままいけそうだったので
今回は丸のまま使わせて頂いた。

アメリカ人(しかもイタリア系)が言ってるとは思えないような精神論だ。
とりたてて突出したものがない一般人は
地道な努力を重ね、耐えながら、常に理性的な行動を心がけなさい、てことなのか?
彼自身が実は案外そうなのかもしれない。
キラリと光る天性の能力の持ち主というよりは
弛まぬ努力や勉強を重ねて結果を出してきた。
自分への言い聞かせの意味もあるだろうか。

どんな世界においても天才が産まれる確率は1万人に1人ほど。
スポーツの世界を見たら一番わかりやすい。
野球でいえばイチロー、サッカーでいえばクリスティアーノロナウドフィギュアスケートでいえば浅田真央など。
彼らはもはや特別な存在だから、元来のセンスに努力を重ねればいい。

でも残り9,999人はそこまでのものはない。
そんな私たちはコツコツ努力し多少のことなら清濁併せ呑み、冷静な分析において行動したらそれなりには成功できる。
だからそこで勝ち組になった人、彼らは実は
努力する才能、我慢する才能、冷静沈着でいられる才能がある。

どんなに忙しくても毎日ブログを更新し続けるカリスマブロガー
理不尽な要求を吐き散らすモンスターカスタマーにも忍耐強く対応し、結果その顧客を一番の大口にした大企業の社長
常に冷静な情報分析を重ね毎週新規契約を取り続けたセールスマン
そのような人物は、意外と身近にいるものだ。

もしかしたらあなたにもあるかもしれない。
努力の才能、忍耐の才能、冷静さの才能
その中で自分に一番近いものを活かせば
明日はもっと楽しくなっているはずだ。