読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんちくの少ないジャズのブログ~おもしろ楽しく分かりやすく伝える、ジャスの伝道師ちぐさ

ジャズの魅力をおもしろ楽しくわかりやすく伝える、うんちく少な目のブログです。オンラインジャズ喫茶としてスマホでどこでもジャズを聴けます。

オレンジカボチャのちょっぴりブルーで時々甘い10月〜Halloween Week-2

Sweet Pumpkin-Blue Mitchell

トランペッター、ブルー・ミッチェルの代表作より。

毎年10月になると最も顔を見るのが
ジャコランタンことオレンジカボチャたち。
あちこちどこでもそこでも
街中から自然豊かな田園地域まで
おチビちゃんたちの溜まり場児童館から
お年寄りたちの憩いの場デイサービスの施設まで
彼らはフル稼動で働いている。

期間従業員であるカボチャくんたちは
この柿入れ時に目一杯稼ぐ。
当然、長時間ワークで疲れてしまう時もあるだろうし
ガッツリ働いて得たお金で密かに
日本の旬物、スイートポテトを堪能してるかもしれない。
たまの休みには、オバケくんたちに代わってもらいながらハロウィン月間を色付ける。

この際、日本のちょっとおかしなハロウィンフィーバーは少し置いておくとして…
毎日が忙しいと、景色に目をやる余裕がなくなる。
けど、こうしてふと振り返った時に
無意識に入ってくる景色が面白いように色つけされて見える。
今月はオレンジと黒が多かったけど
来月は暗闇に浮かぶイルミネーションのブロンズ色の光のコントラスト
再来月になると赤と緑に彩られる。

10月もあと少し
ゆく年はもうすぐそこだ。
来る年は、どうなる?
もちろん幸せや成功がいっぱいになってほしい。
だけど、まだやり残したこともあるし
また一つ年齢を重ねるのか…。

何だか少しブルーになってきた。
そんな時は、このミッチェルの明るく伸び伸びしたトランペットの音色に身を任せよう。