ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

SNSのいいねを見て、いちいち一喜一憂するのはそろそろ辞めようか!

SNSをやってたら、いいねやコメントの数が全く気にならない
というと正直嘘ではない。
中にはそういうメンタルの方もいるが
悲しいかな、私はそこまでメンタルがしっかりしてないようだ。
確かに、いつもいいねを付けてくれる仲間の存在は有難いし
実際、しっかり読んだ上でのいいねは
そこにコメントまでついていたりするので
きちんと本物だとわかる。


しかし、例えば読むのに最低でも数分はかかるブログ記事の更新について
わずか数秒でいいね、それも高頻度でとなると
正直モヤッとする。
Facebookでは、ブログを更新したことを書いているが
そこに全容は載せてない。
だから、数秒で見られるものではない。
なのに、なぜ5秒でいいね?
どんだけすごい速読の技術の持ち主なのだろうか。


もちろん、私も、タイトルで「おっ!」と思ったものがあって
でも今すぐには見られないけど
しおりをしてる意味での即いいねすることはある。
そして時間ができた時に、アクティビティログにて後で読む。
タイトルが刺さる内容のものは
やはり中身も心からいいねと思えるのが多い。
そういうものには、必ずコメントを入れる。


だから余計に分からないのだ。
やっつけ仕事的にいいねする心境が。
1いいねにつき〇円とか、そういう理由があれば
まだ分かる(共感はしないが)。
それが許せないなら発信なんかするな
と、生意気野郎だと思う人はいるだろう。
でもね、その人は少なくともその投稿をするのに
数分、いや、内容によっては数時間かけている
ことだって珍しくないんだよ!
待ちに待ってやっと出てきた高級フランス料理のメインディッシュを
吉野家の牛丼のごとくの早食いしてるようなもの
そんな勿体ないことできるのか?


なので思う。
読まずいいねを惰性でしてるそこのあなた!
そろそろそういう作業いいねは辞めないか?
相手のことを本当に思うならね。