ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

どうせ誰も見てないし…と思ってたら!実はちゃんと見てる存在がいるんです。

思うようにPV数が伸びない…
頑張った割には、いいねの数が少ない。?
見てほしいと思っているあの人に
きちんと伝わっているのだろうか。
SNSで発信してたら誰だって不安になる。


確かに、毎日ブログを更新しても
1日に数回のSNS投稿したところで
いいねやコメントの数が少ないなぁ…。
お気持ちはよく分かります。
だって、出来るなら高いところ目指してるもの。
自分の経験、考え、思い、サービスメニューを
できるだけ多くの人に知って欲しい
だから発信してるんだよね?


そりゃ当然、相応の結果が表れてほしい。
だけど、思ってるほどじゃないから悩む。
時には、そこそこの手応えを感じる反応があるのに
なぜかもっとも伝えたい人からの反応がもらえなくて
なんとなくモヤモヤすることもある。
有難いこととは理解してても
あの人に届いてほしかったのに…。
と自分を責める。


そんなときに限って
自分は売れっ子の芸能人でもなければ
ましてその世界での人気者でもない。
だから、発信したところで
そんなに注目されてないもんなぁ…。
…なんて思ってたら、勿体ない話ですよ!


そう考えたキッカケは
先日、SNSで先に知り合ったジャズ関連の方と
実際にお話する機会があった。
その方は決して私の投稿に対して
必ずしも多くの反応はしておらず
むしろ、1度お友達になったものの
ネット上ではそれほどのお付き合いはなかった。


ところが、あるキッカケでリアルに言葉を交わした時に
驚くほど私の投稿をご覧になっていたことを知った。
その多くは音楽とは関係の無い
日常の呟きや子供たちとのことについてだ。
昨日は〇〇という内容で話してましたよね?
そういう時は、こうするといいですよ
と、ご丁寧にアドバイスまで頂けた。


サイレントユーザー
まさにその言葉が降臨してきた!
そっかぁ…。どうせ誰も注目してないから
思ったことなんとなく呟こう
てなってたのが、そこに食いつく人がいるとは。
わざわざいいねを残さない理由には
別段深いものはないみたい。
おそらく、自分より関係の深い人の投稿に
感銘したりコメントを書き込んでたりするから
気づいたらいいねをつけなかった、だけ。
でもちゃんと見てくれてる
有難いことだ。


どうせみんな見てないしね~
という開き直りも時には気楽だが
サイレントに見守ってる存在もあることを
わすれないでほしい。
もちろん、あなたは今まで通りでいるべきだ。
思ったことを偽らずに発信する。
嬉しかったことだけでなく
悲しかった、怒りを感じた、大変だったことも。
目に見える形でのいいねはもちろん嬉しいが
奥ゆかしく見守ってる存在もまた
原動力になるものだ!
見られてないからこその素直な発言ほど
人を引きつけることってあるみたいだ。