ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

マウンティングとか縄張りとかって、もはや動物の行う行為なんですってば!


Charles Mingus - Pithecanthropus erectusピテカントロプスになる日も~て歌があったなぁ・・・。


まずはこちらをご覧になって下さい。
縄張り(Wikipedia引用)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/縄張り
マウンティング(weblio辞書引用)
http://www.weblio.jp/content/マウンティング


こういうこと、平気でやってる人いません?
人間なのに!
バカですか?あなたは猿ですか?
まあ、そういう人に言ったところで
理解してもらえないのが決定してるので言いませんが。


人間って一人で生まれて一人で死んでいくのに
どういうわけだか生きてるときは一人では何もできない。
誰かに協力され誰かの助けとなって
時には誰かを傷つけ誰かから傷つけられる。
迷惑をかけてかけられ与えて受け取って。
昔にあった失敗とかなんてたいてい誰も気にしてないし
自分にとっての人生の汚点だとしても
相手からしてみたら「え?そんなことあったけ?」
なくらいにどうでもいい話だったりする。


いい?
たいしてえらくもないのに上から高圧的な力をかけてくる
マウンティング者とか
たいして魅力もないのに私はあんたなんて相手しない的な
縄張り意識過剰者とかって
世間の人から見たらただの普通の人。
マウンティング者が下に見てる馬鹿者と
縄張り意識過剰者が排斥してるはぐれ者と
全然変わらないから。
待てよ、むしろ馬鹿者やはぐれ者の方がえらいのかな?
だって、彼らは人間であって
マウンティングや縄張り持つ方が動物なんだもの。


だからいつも言う。
一匹狼でないとダメなんだって。
誰もが独立した一匹狼でいられるからこそ
相手の狼のことだって尊重できるし
お互いが尊重しあっていたら
かりに集団になったってうまくいけるんだよ。
でもそらがただの縄張り集団じゃ
そのコミュニティは必ず破たんするから。
一人が狂ったらみんな狂っちゃうもん。


もう一度言うよ。
マウンティングとか縄張りとかって
もはや動物の行う行為なんですってば!
どうせ同じ動物を目指すんだったら
一匹狼のほうがかっこいいじゃない!