ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

メンタルブロックなんてそんな簡単には壊せない!でも放っておくのは最もいけない


Theme From BLACK ORPHEUS Paul Desmond
先日のセッションで演奏した曲。


最も苦手なボサノバ、最も苦手なリズム。
でも苦手だからやりませんというのが
ジャムセッションでは通用しない。
誰かが(この場合歌やサックスなどのフロントがどうしても多くなりがち)
今からこれやります!といったものなら
やらないと仕方がない。
しかしどうしても無理ならそこにいる誰かに変わってもらうなり
自分のやりやすいようにリズムを変えることもあり。


先日の悔しかった話に書いた通り
私はこの曲を満足に演奏できなかった。
でもこのまま終わるのはなんだか悔しい。
だから今日は一人でスタジオにこもって
ひたすらこのリズムばかりをやっていた。
だって、あの時の自分はボサノバを満足に叩けない
そんなので終わるのは絶対に嫌だった。


今日は一人でスタジオに入っているので
当然気楽にできるはずだ。
しかし、これがうまくできない。
はじめはリズム感をぼちぼち楽しんでいたものの
何回か回してみると
だんだんに感じるメンタルブロック。
たった一人の練習中なのに
なぜか消えないメンタルブロック。
このままでは一生を、ボサノバのできないドラマーで終わってしまう。
もちろんそれでいいわけがないので
ただひたすら、単調なボッサのリズムを刻んでいった。


今思えばうまくできないのは
ほかならぬ苦手意識
それがメンタルブロックになっていたのだ。
ボサノバ、ああ苦手だなぁ。
セッションならできればリクエストされたくないし
やるなら得意のフォービートで攻めたい。
でも悔しいかな、ボサノバってかっこいいんだ。
日本人から最も遠いリズム感だから
なおさら憧れるんだよ。
苦手は苦手でも、これは克服したい
と自らの心が言っていた。


単調なリズムなのに、派手なソロをしたとき以上につかれた。
ボッサらしくしないと、音が大きくならないように
軽やかに、安定して・・・。
完全なる気疲れ、叩きながら急に眠気を覚えるほどだ。
でも、好きなこと、実現させたいことなら
多少の苦手克服は必須だ。
やりたいんだろ?
だったらごちゃごちゃ言ってないでやれよ。
リズムがどうとか音色がどうとか
まずそれは横に置いておいてやってみよう。
いいじゃん間違えたって!
今のところ誰も見てないんだし。
でも、だからといって放っておいてはいけないよ。
とにかくやってみたら、体が勝手に覚えてくれるから。