ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

人間関係で余計な気苦労をしないためのタイプ別分類のすすめ

次の中から、言われて一番嬉しいのは?
1.あなたが好き。理由は可愛い(かっこいい)から
2.あなたが好き。理由は好きになったから
3.あなたが好き。理由は好みのタイプだから。


私の場合、3.の好みのタイプというのが
なぜか一番嬉しい。
1.については、いったい自分のどこが可愛いのか
より具体的に知りたくなってしまうから。
で、本当?どこが?どこが?
なんて、本人には直接聞かないまでも
内心はそのことで気になって仕方がなくなる。
2.については、正直こういう人多い(特に男性)。
でも表現がものすごく抽象的だし
なんだか行き当たりばったりに聞こえてしまうので
実は言われてもピンとこない。
だって、その時のタイミングでたまたま別の人に会ってたら
私じゃなくてその人のことが好きになってたの?
とさえも感じ取れる。


その点、3.の好みのタイプというのはわかりやすい。
人それぞれ持つ好みのタイプの中で
自分が相手の需要にマッチしたということだから。
家庭的な女性、さっぱりした女性
目のぱっちりした女性、色白の女性など
たくさんあるセグメントの中に私は合致したんだ!
と、なんだかよく分からない無敵感がある。
だって、大和撫子なタイプが好きな方からは
私は絶対に好かれないもん!
仲間としてはいいのだろうけど
女としては見られない
(いや、そういう人からは別に見られなくていいけど)。
でもタイプで分類してくれるほうが案外潔いし
気の合う人も見つけやすいし
自分も、この人なら私を好きでいてくれる安心感があるし
そうなるとこちらも気持ちの余裕ができるから。


おっと、ついつい女性からの一方的な視点になってしまいましたが
これって男性でも、また同性間でも
もっといえば色んな場面での人間関係でも使えると思う。
真面目で穏やかな人がタイプならそちらになびくし
面白くて刺激的な人がタイプならそれもしかり。
逆に苦手なタイプを知ることで
余計な人間関係の苦労を作らなくてすむからね。