ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

もっと人気者になりたーい!もっとみんな私を好きになって!という前にやるべきこと一つ


Wayne Shorter - Black Nile
タイトルに「黒」がついた、私の最も好きな曲。Nileはナイル川のこと、人生も川の流れのように・・・。


黒歴史を晒してしまおう!
誰にでもある黒歴史
それを隠してカッコつけて張りぼてとして生きるか
それとも曝け出して笑い飛ばしてネタにしてありのままに生きるか
どっちを選ぶかなんて人それぞれだし正解はないけど
どっちを選んだら生きやすいだろうかなんてのは一目瞭然。


あることがきっかけで今までベールに包んでいた
自分の黒歴史を晒してみた。
はっきり言って言いたくない。
過去に誰かにいじめられてた
仲間外れにされていた
落ちこぼれだったなんて・・・。
人によっては、あいつキモイなんて思うだろうし
今のキラキラした姿だけを見て幻滅されるリスクだってある。
でもそんな上っ面だけの評価を下す人間と
あなたは末永くお付き合いしたいと思うのか?


もちろん私だって考えた。
今なかなかうまくいってるし
これからもこの流れに沿って色んな仲間と出会っていきたい。
そんな中、自分の欠点や汚点を晒すことは
少々危険ではないのか、と。
でもやってみなければわからない。
それで去っていく者は私の上辺だけを見てたということなので
今後お付き合いする価値はなし。
そういう意味で、自分が楽しく気軽に活動するために
最も効率のよい方法の一つとして
フィルタリングすることにもなろうか?


で、やってみた。
そしたらなんとまあ!
これまでのブログPV数を、ぶっちぎりで記録更新した。
いつもだとせいぜい二桁なのに
このカミングアウトをした日には386!
翌日には689というから自分でもびっくりだ。
みんなどんだけ人の不幸が好きなんだよ、まったく(笑)。
しかもあろうことか、黒歴史を晒したことで
「ますます好きになった」
「あなたには私にないものをたくさん持ってる」
「あなたのこと応援したい」
とかとか。
他人の不幸が蜜の味とは言っても
こういうちょっと残念でダメなところがそうさせたみたいだ。
それだけでなく、黒歴史公開後には友達の数は
減るどころかむしろ増えていった。


一つ言いたいのは
私はモテたくて黒歴史を公開したわけではない。
自分の棚卸をし、たくさんの仲間探しにおいて
効率的な手段をとっただけ。
どういうわけか、結果としてこうなった、というお話でした。