読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

誰でもオモシロ人間になれるたった一つの心がけ

他者目線を持つこと。
あなたの周りにいるオモシロい人
あなたが毎日見るオモシロい投稿
あなたが思わず笑ってしまったオモシロい番組
それらをよく観察してみる。


この世の中はいろんなオモシロで溢れている。
体を張ったオモシロ、モノマネ系オモシロ
一発芸的オモシロ、トーク系オモシロ
画像ボケ系オモシロ、文字で笑わせ系オモシロ
SNS全盛のいい時代の今は
もはや世界中のあらゆるオモシロを毎日発見できて
楽しいことこの上ない。
せっかくこんなにたくさんのオモシロたちに出会えるなら
自分も何かオモシロいことをしたら
もっと楽しいに違いない。


でもそれには、他者目線での自分
多くの人が笑うような物事
これをしっかり理解し、実践すること。
例えば、画像を見てわざとズレたことを言って
ボケ笑いを取るというアプリがある。
あれなんかは他者目線の最たるものだ。
たとえばこれ↓

これはAmebaに以前あった「Ameba大喜利」というアプリより
(現在はサービス終了してます)。
私がボケ投稿して最もウケられたもの。


そのままの画像だとキャプテン翼のワンシーンだが
見方を少し変えて見た画像

→飲み会後の居酒屋前でよく見る光景に似てる
(※画像はマイルドにしてます💧)

そこに浮かぶ情景

(※苦手な人もいるので画像は控えました)
→1人が潰れて四つん這いになり周りで介抱する

情景に合った言葉
→まだ一次会なのに潰れてんじゃねーよ

こういう流れを作るのに
広く普遍的な脳内スイッチを入れる。
そのために必要なのが他者目線。
他者になった時の目線で見る。
これ、他の人にもそう見えるか?
そう思いながらもおそるおそる投稿してみると
いいねの数がたくさんつけば
他者目線でしっかり訴えられた。
逆に少なければ
ちょっと足りなかったということだけど
気にしない、誰にでもそういうことはあるので。


オモシロキャラクターになって
周りもみんなも楽しませる華やかな存在に憧れる
そこのあなた!
今日からでもぜひ、試してみて下さい。