ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

ライスワークの片手間にライフワークをやるのではなくて、どうせならどちらも真剣勝負でやっちゃおう


The Cannonball Adderley Quintet / Nat Adderley / Work Songワークには二つある。一つはライスワーク、もう一つはライフワーク


ライスワークとは食べていくための仕事。
一方、ライフワークとは好きでずっと続けていける一生ものの仕事や活動。
ライスとライフが一致している人も数多くいるが
両方をやっているパラレルな人も少なくない。
どちらを選ぶかはあなたの生活次第なので
別に前者、後者のどちらかが優れてるということはない。


私のようにまだ駆け出しであると
後者のパラレル型からスタートすることが圧倒的多数だが
既にライフワークがしっかりと確立され
多くの人から認められている人も出てきている。
それはまさに、ずっと続けてきた継続力のたまものでもあるが
このように成功している人に見られる共通点がある。


本業の片手間、老後のささやかな楽しみとして
やっているわけじゃない、と口を揃えて言う。
もちろん、片手間にやることや老後の楽しみが悪いなんてことはない。
ただそれだけ真剣な気持ちで
思い入れを持ってやっている気概があるということだ。
そんな彼らにさっきの言葉を投げかけようものなら
どんなに心の広い人でも一瞬怪訝な表情を浮かべる。


そういう人たちが周りにいるといい起爆剤になる。
自分だってやってやる。負けない。
彼らと競争しているのではなく、外ならぬ自分との闘いだ。
かつての私は気弱で流されやすくて
そして嫌われるのが怖くてビクビクしていた。
でも、チャレンジ精神をもって真剣に取り組んでいる人には
必ず味方や仲間がいて応援してくれるという原則を知ってからは
もう何も怖くなくなった。
周りからの白い目線だの陰口なんかだの
まったく見えても聞こえてもないし
見聞したところで何も刺さらない。


人生は一度しかない。死んだら何もできない。
どうせやるなら真剣勝負で挑んで悔いのないようにしたい。