読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんちくの少ないジャズのブログ~おもしろ楽しく分かりやすく伝える、ジャスの伝道師ちぐさ

ジャズの魅力をおもしろ楽しくわかりやすく伝える、うんちく少な目のブログです。オンラインジャズ喫茶としてスマホでどこでもジャズを聴けます。

無駄遣い撲滅のためには自分軸をしっかり持つこと

雑記

今年から福袋買いません宣言をした。

去年まではソニプラでコスメラッキーバッグを欠かさず買っていた。
ファンデーションとチークとアイシャドウとマスカラの4品
まともに買うと約2万円相当が8千円。
そのお得感満載のキラキラパッケージに
一瞬喉から手が出かかった。
しかしちょっと立ち止まった。
確かにお得だけど、チークとアイシャドウはまだあるし、マスカラはいつも使ってる色ではない。
去年買ったやつのチークなんてまだ残ってる。
普通に単品販売されてたら、買わない。
実質すぐに使いそうなのはファンデーションだけ。
だから辞めた。

別のコーナーにはレブロンのコスメセット。
マスカラ1本分1800円で、他にはアイシャドウ、リップ、アイライナー、ネイル2本入り。
これもお得感いっぱいのキラキラ紙袋入り。
しかしこれもあっさり却下。
やはりマスカラの色が趣味ではないし、今あるものばかり、ネイルに至ってはジェルネイルにしてから普通のマニキュアは必要ない。

結果、趣味とは違うもの、今まだある愛用品、必要性ゼロ。
いくらお得だからと言ってお金を使うことには変わりない。
何かを買った時のホッコリ感よりも
手放したスッキリ感のほうが気持ちがいい。

今度は大好きなブランドの店に行った。
そこは元から福袋を売っておらず、代わりにセール品が元値の半額で並んでる。
そんな棚を漁っていたら、欲しかったTシャツと、化粧品整理に欲しくてたまらなかったポーチがそれぞれ半額であった。

やったー!お宝ゲットだぜ!
その2つを買って、金額は2つのコスメラッキーバッグの半額ほど。
欲しかったけど我慢していたもの、必要だったけど高くて諦めていたもの。
たった2つのものだけど、得られた魚はデカい。
店員さんのレジ対応が遅かったけど全然イライラしなかった。

福袋自体は否定しない。
買う側としては年に一度のお楽しみになるし
店側としても最も効率的な在庫一掃セールだからだ。
しかし福袋の中身がネタバレされていたら
ちょっと考えてみる。
それは趣味に合っているか?
今差し迫って必要なものか?
ついでに言えば、新しく増える物をちゃんと片付ける場所はあるか?
特に上の、趣味に合っているかは絶対外せない。
もしそれが本当に気に入っていればきちんと使うし、無くすの嫌だから片付ける。
好きだったらどうにかできるから満足感は高いし
そのためにお金を落としても後悔はない。
でも何となくみんな買ってるからという曖昧な気持ちだと、後でちょっぴり敗北感を味わうこともある。
好きという自分軸の感情、気に入ったという自分軸の満足感
これをしっかり持っていれば無駄な出費も無駄な収納スペースも抑えられる。

だから福袋は今後は買いません。
最も好きなものしか入ってない福袋なら迷わず買うだろうけど
結局在庫品という事実
買う気持ちになった人が少なかったということだから。

あ、でも、もしこんな福袋だったら買ってしまう。
ジャズの名盤、新旧問わず10作品入って5千円。
これは買ってしまうだろう。
仮に被ったものがあっても後悔しない。
1枚は鑑賞用、もう1枚はインテリアとしてジャケットを飾ればいいし。