読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズドラマーちぐさ~ジャズと私と生き方と・・・

ジャズドラマーちぐさの、大好きなジャズのことと生き方について書いてます。

ジャズが好きなのってカッコイイ?んなわけない!

いいえ、滅相もございません。
至って普通です。
好きなジャンルがたまたまニッチなだけで
それがないと生きていけないから
本当、ただそれだけです。

ジャズリスナー人口が増えることは大歓迎です。
でも、カッコよく、オシャレに見せるためにジャズを聴こう、と思ってたら
ちょっと待って下さい。
人が知らないことを知ってるのがカッコイイのであれば
車体を見ただけで形式番号からスペック、歴史までスラスラ語れる鉄道マニアのお兄ちゃんなんて
もっとカッコイイことになりますよね。

だいたいジャズミュージシャンを見てみたら
むさくるしい無愛想なヒゲ面とか
残念なくらい個性的過ぎる外見の人とか
たくさんいませんか?
もちろん、美男美女もいますけど。
でもたとえむさくても個性強すぎても
彼(彼女)がそれに全身全霊をかけて取り組んでるからかっこ良かったり魅力があったりするのです。
俳優とかモデルのように、外見が商売道具の人とは違って
ジャズミュージシャンのそれは音楽の実力とセンスなのです。
だから顔がブサイクで体型が残念だろうが関係ないのです
(ただし女性だと多少制限がキツくなる)。

もし、カッコよくオシャレになりたいのであれば
ジャズを聞く前に外見磨きをし
本当に好きで打ち込めることを見つけましょう。
大好きだったら人からどう思われようが
いちいち気にしてません。
そんな時間があったら、アルバム1枚発掘して聴けますよ。

以上、今回少し辛口で失礼しました。
最近「ジャズ好きなんですか?すごい、カッコイイですね」と言われる機会があり
少し戸惑っていました。
もちろん、カッコイイと言われて嫌な気分はしませんし
相手の方も褒め言葉で言ったのは分かってます。
ただ、うまい返し言葉が思い浮かばず
(その場ではとりあえず
え?そうですかー?またまたー(笑)
笑って誤魔化しましたが)
同時に、カッコつけてると思われた?と不安になったゆえです。

そんな気持ちなので今日はMy Favorite Things を聴いて寝ます。
この曲も名曲中の名曲で
やはりたくさんのジャズミュージシャンがカバーしてます。
私も皆も大好きなコルトレーンもしてるし。
でも、私の本当のFAVORITEは
このCyrus Chestnut(ピアニスト)
ヴォーカルのAnita Baker の
優しいハスキー声が何故かたまらなくドツボで
ちょっと切ない歌詞と合間って癒されます。